【疑問を解決!】外壁塗装と屋根塗装は一緒に行った方がいいのか

外壁塗装と屋根塗装

外壁塗装も屋根塗装も、外部足場が必要となる工事です。

これらを別々に行ってしまうと、
1回ごとに外部足場の費用がかかってしまいます。

2つを1度に行う事で1回の外部足場の料金で済みますので、
足場代金がお得となります。

㎡当たり1,000円で仮定すると、
150㎡の外壁で150,000円もの
外部足場費用がかかります。

別々に行うと2回の300,000円の足場費用が
かかってしまいますので、大きな損となってしまいます。

外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うリフォームが多いのは、
この理由からです。

【疑問を解決!】外部足場無しでも外壁塗装工事は可能なのか

外部足場

建築法令では、2m以上の高所作業の際には
適切な足場を組んで作業をしないといけない、
という定義があります。

外壁のほとんどが2m以上の高所作業となりますので、
足場は必要となります。

昔の日曜大工のようにはしごで行うイメージを
持つ方もいらっしゃるようですが、
はしごでの外壁塗装は本来行ってはいけないダメな例です。

作業員の足元をしっかり強固して確保する事で、
隅から隅まで良い外壁塗装工事を行う事が出来ます。

足元がおぼつかないようでは、
絶対に良い仕事は出来ません。

外部足場は必ず必要な設備ですので、
必ず行わなければいけない必要項目と覚えておくようにしましょう。

隣地との境界の間隔が狭い場合は、
単管足場や高所作業車等外部足場
ではない設備を採用する事もあります。

【疑問を解決!】その他小さな疑問~業者さん編

小さな疑問~業者さん編

  • 外壁塗装工事は新築で行った業者に頼むべきなのか

  • 外壁塗装工事は、どの業者にお任せしても可能です。

    特にハウスメーカーの場合は、独自の塗料を使って
    高い工事金額になってしまう事もあります。

    一般的な塗料でも全く問題なく、
    殆どの場合がお安く外壁塗装工事を済ませる事が出来ます。

    新築で行ってもらった業者に固執する事はございませんので、
    塗装のリフォームに富んだ業者に依頼するのも1つの方法と言えます。


  • 見積もり無料は本当なのか

  • 殆どの業者の場合、見積もりのみは無料で行ってくれます。

    しかし、訪問販売など稀に有料と言ってくる業者も
    居ないわけではないようですので、注意するようにしましょう。

    間違いなく見積もり無料の業者に出会う為には、
    訪問業者ではなく地元の業者に見積もりの依頼をするようにしましょう。


  • 外壁塗装をお願いする際塗装以外のリフォームも可能なのか

  • 塗装屋さんの方で出来る範囲を超えたリフォームをご希望の場合は、
    その業者がお付き合いある業者と提携しリフォームを行ってくれます。

    気軽に相談をして、他の気になる部分のリフォームもご相談をしてみましょう。


  • 業者によって見積もり金額に誤差があるのは何故なのか

  • 選択する塗料や施工方法の違いにより、金額に差が発生してしまいます。
    同じ塗料を指定して相見積もりを取ると、それほど誤差は発生しません。


  • 外壁塗装工事の費用はローンも可能なのか

  • ほとんどの業者の場合は、ローン会社や住宅金融公庫、
    銀行ローンへの手続きを行ってくれますので、
    工事着手前にご相談をしてみましょう。

【疑問を解決!】契約後、工事中の疑問

契約後、工事中の疑問

  • 外壁塗装工事契約後の追加工事の発生

  • 外壁塗装工事契約後には、契約の際の見積書の内容に
    記載が無い工事を行わない限りは、追加工事として
    余分な費用を請求される事は絶対にありません。

    見積書の内容に記載ある項目以外の事をお願いしてしまうと、
    追加工事をとして別途請求されてしまいます。

    見積書記載以外の事をお願いする際は、
    先に見積書を提出してもらい費用に
    納得した上で追加工事をお願いするようにしましょう。


  • 手抜き塗装工事をされないか心配

  • 残念ながら、手抜きの塗装工事を行う業者は
    後を絶っていないのが現実です。

    塗装工事は手を抜くのが簡単な工事であり、
    お客様が塗装に詳しくないのを手玉に取って
    いとも簡単に手抜きをされてしまう事があります。

    手抜きをされない塗装工事を行う為には、
    訪問業者等のどこの業者かわからない業者に依頼するのではなく、
    地元の信用できる業者に工事を依頼するようにしましょう。

    外壁塗装工事は、少しでも疑問があると
    なかなか一歩を踏み出せない工事であります。

    しかし、外壁の塗り替えは必要不可欠なメンテナンスですので、
    そのタイミングを絶対に逃さないように
    適切な外壁塗装の塗り替えを行うようにしましょう。

【疑問を解決!】外壁塗装の工事と費用の目安

外壁塗装の工事と費用の目安

  • 外壁塗装工事の費用の目安

  • 外壁塗装の費用の目安は、
    普及品の塗料の採用で100万円程が目安となります。
    塗装面積や外壁の劣化具合によっても、費用は変わります。


  • 外壁塗装工事の時期の目安

  • 外壁塗装は液体を使う工事ですので、
    寒かったり暑過ぎる時期は適していません。
    春や秋の、雨風が少ない時期が理想です。

【疑問を解決!】雨の日は塗装作業を行うのか

雨の日の塗装作業

降雨の際は湿度85%以上の場合は
塗装作業を行ってはいけないと決まりがありますので、
雨の日や湿度が高い場合は塗装作業は行いません。

また、雨や高湿度にて工事が順延になったとしても、
工事費用が高くなるなどの心配は一切ありません。

大抵の業者さんは工事が伸びたときの為に
予備日を作っています。

【疑問を解決!】外壁塗装の際は嫌な臭いはしないのか

外壁塗装の際の臭い

近年、ホルムアルデヒドへの問題などの関係上、
外部に使う塗料にも水性塗料が多くなってきました。

水性塗料は水性の希釈材で希釈をした塗料ですので、
油性塗料のようにシンナーなどの有害な物質は
含まれていないので安心です。

昔の塗装のような独得の嫌な臭いは一切しませんので、
外壁塗装も安心して行う事が出来ます。

水性塗料でも臭いはしますが、それは塗料自体の臭いで
シンナーのような有害な物質の臭いではありませんので安心です。

外壁塗装工事中は、外壁塗装が窓に付着させない為に
マスカーなどで養生を行います。

その為、外壁塗装工事中は窓を開ける事が
出来なくなってしまいます。

1か所等どうしても窓を開けたい場合は、
その旨業者にお願いをして開けられるようにしてもらいます。

★ご近所にご迷惑を掛けない為にはどうしたらよいのか

外壁塗装工事の場合は、その工事の特性から
ご近所へ迷惑をかけてしまうのではと
不安に思われる方も少なくありません。

ご近所の皆さんにご迷惑を掛けない為には、
水性の臭いのキツくない塗料を選択し、
外壁塗装工事を始める前にあいさつ回りを行う事です。

あいさつ回りを行うだけで、少しの臭いや騒音があっても
ご近所の皆さんはお互いさまの事だと目をつぶってくれるものです。


【疑問を解決!】外壁塗装工事中にエアコンを使う事は可能なのか

外壁塗装工事中のエアコン

先ほど臭いについてお話ししの時に
窓が開けられないとお伝えしました。
夏場など高温になると窓が開けられないなら、
エアコンは使えるのか?と心配になりますよね。

外壁塗装工事中は外壁塗料が付着してはいけない部分に
付着させない為に養生を行いますので、
外壁に設置してあるエアコンの室外機にも養生を行います。

その為、養生をしている間はエアコンを使う事が出来ません。
外壁塗装工事は、エアコンを使わなくても
良い時期を考えて行う事をオススメします。

【疑問を解決!】塗料の塗布は厚く塗る方が良いのか

塗料の塗布

何でも多くすると良いように思えるかもしれませんが、
塗膜に関しては各塗料に記載されている
適切な量を塗布する事で塗膜の効力を
発揮する事が出来るようになっています。

やみくもに厚く塗れば良いという事にはなりませんので、
勘違いしないようにしましょう。

むやみに厚く塗ろうとすると、
塗料がダレてしまったりダマになったりしますので、
仕上がりが悪くなってしまいます。

何でも適量が大事ですね。

外壁塗装の際によくある疑問を解決!

外壁塗装のよくある疑問

はじめまして!
nozakiです!
外壁塗装の業界に身を置いて10数年になります。
外壁塗装について、一般の方に認知を広げて
欲しくてブログを書き始めました。
よろしくお願いします!

さて、外壁塗装工事を行いたいけれど、
色々な疑問があってなかなか腰が上がらない
という方も多いのではないでしょうか。

外壁塗装というのは、お客様にはわかりにくい分野です。

その為、少しつまずいてしまっただけで
先延ばしにしてしまう傾向もあるようです。

外壁塗装は適度な頻度で塗装工事を行わないと、
大変な事へと発展してしまいます。

そのような厄介な状態にならないように、
適度な塗装工事を行うようにしなければいけません。

そこで、お客様が誰でも思う
外壁塗装工事への疑問をピックアップしてみました。
時々コラムを挟みながら、疑問を紹介していきます。

次回更新をお待ちください!