【疑問を解決!】外壁工事の際にやってはいけない事

外壁工事の際にやってはいけない事

外壁工事はお安くない工事ですので、
行うとなると大きな費用となってしまいます。
その為、出来るだけお安く抑えたいという
お客様が多いと思います。
お安くしたいがために、やってはいけない状態に
まで発展してしまう事があります。
安くしたいゆえについつい行ってしまう、
よくあるやってはいけないポイントを、ご紹介します。

  • 外壁の劣化状態を放置してリフォームまでの期間を長引かせてしまう

  • 外壁の明らかな劣化状態をわかっているのに、
    大きな費用がかかるからとリフォーム時期を
    先延ばしにしてしまうお客様がいらっしゃいます。
    明らかな劣化が発生しているのにもかかわらず
    外壁工事のメンテナンスやリフォームを行わずに放置しておくと、
    紫外線や風雨等の外的刺激にさらされてしまい、
    外壁そのものが劣化してしまい建物に大きな影響を与えてしまいます。
    外壁の劣化というのは想像以上に大きな負担を強いられますので、
    外壁の劣化が見受けられたらすぐに外壁工事のメンテナンスや
    リフォームを行うようにしなければいけません。

  • 相見積もりを取ってとことん値切るのは絶対に行ってはいけない

  • 正確な外壁工事の費用としたく、相見積もりを取る方法があります。
    相見積もりというのは金額の正確さもそうですが、
    工事内容の正確さや良さも比較対象となり、
    決して金額の比較だけではありません。
    しかし、一般のお客様は金額ばかりに目が行ってしまい、
    1番お安い業者が優秀と思い依頼してしまう場合が良くあります。
    更に、1番安かった業者の見積もりから値引きをし、
    とことん安くする事が良いと思われているお客様が居るようです。
    余りにも安くし過ぎてしまうと、安いなりの工事しか行ってもらえなくなってしまいます。
    外壁は外的刺激から守らないといけない部分ですので、
    安いなりの工事で精度が低い工事となってしまっては、
    長持ちせずに理想の外壁工事とはなりません。
    優良な見積もりをした業者は、あらかじめ適切な金額で
    見積もりを作り提出をしております。
    必要な費用から無理やり費用を削ってしまうと、
    工事のグレードを落とさないといけなくなってしまうのは
    致し方ないという状態となってしまいます。

  • 格安業者に依頼してはいけない

  • 様々なサイトの外壁工事の費用を比較していると、
    とてもお安くお得に思える業者が居ます。
    あまりにも格安なので物凄くお得と飛びついてしまう
    お客様がいらっしゃいますが、オススメ出来ません。
    建築費用には相場というものがあり、同じ条件で見積もりを
    行った場合ある程度の誤差が生じても物凄く大きな費用の差は発生しません。
    100万円かかる外壁工事なのに格安業者は50万円しかかからないなど、
    このような費用の差は絶対にありえません。
    目先の金額だけで比較すると50万円の業者の方が良いと
    思われるかもしれませんが、半額で同じ工事を行う事が
    出来る等絶対にありません。
    安い費用には安いなりの内容しかありませんので、
    絶対に飛びつかないようにしましょう。

これらの3つのポイントは、
残念ながらよくあるやってはいけないポイントです。
一見何でも無さそうに思えるかもしれませんが、
このようなポイントを平気で行ってしまうと、
後に大変な事となってしまいます。
外壁というのは想像以上のデリケートな部分ですので、
勘違いをしないように外壁工事を行うようにしましょう。