【疑問を解決!】相場費用を明らかに違い過ぎた場合はどうしたらよいのか?

相場費用

  • 相場費用を明らかに違い過ぎた場合

  • 相場費用と見積書の内容があまりにも違い過ぎた場合は、
    どうしたらいいのかわからなくなってしまう事もあると思います。
    そんな場合は、このような対処法を取ってみると良いでしょう。

    ・相見積もりを取る
    1社から見積書をもらって内容に納得が出来ない場合は、
    他の業者から相見積もりを取るようにしてみましょう。
    見積書の内容や金額を比較し何が違うのかを確認する事で、
    良質な業者を選択する事が出来ます。
    相見積もりを取る場合は、多くても3社までとしましょう。
    余りのも多くの業者から相見積もりを取ってしまうと、
    どの業者のどの部分が良いのか等見極めが難しくなってしまう事があります。
    多くても3社までとし、比較をしてみましょう。

    ・相場と掛け離れている費用に対し質問をする
    相場とあまりにもかけ離れている費用を目にした場合は、
    その費用に対し質問をしてみましょう。
    相場の単価と明らかにかけ離れているのですから、賢明な回答が得られるはずです。

  • 見積書の金額以外に費用がかかるとあらかじめ想定しておく

  • 業者を決定し工事を行ってもらう際、リフォームですので
    追加工事が発生するかもしれないという事をとらえておくようにしましょう。
    外壁リフォームの場合古い建物に対して工事を行うので、
    リフォームを行っていくにつれ追加施工が必要となってしまう事があります。
    特に、既存の外壁を剥がして新しい外壁工事を行う際は、
    既存の外壁を剥がし田中に不具合が発生している事があり、
    その部分の補修工事が必要となってしまう事があります。
    必要な補修をしなければいけないのに、追加で支払う費用が
    無い場合は、致命的な補修であっても補修が出来なくなってしまいます。
    相場では、かかる費用の20%程追加工事分としても
    費用を用意しておく事が理想となります。