【疑問を解決!】外壁工事の際にやってはいけない事

外壁工事の際にやってはいけない事

外壁工事はお安くない工事ですので、
行うとなると大きな費用となってしまいます。
その為、出来るだけお安く抑えたいという
お客様が多いと思います。
お安くしたいがために、やってはいけない状態に
まで発展してしまう事があります。
安くしたいゆえについつい行ってしまう、
よくあるやってはいけないポイントを、ご紹介します。

  • 外壁の劣化状態を放置してリフォームまでの期間を長引かせてしまう

  • 外壁の明らかな劣化状態をわかっているのに、
    大きな費用がかかるからとリフォーム時期を
    先延ばしにしてしまうお客様がいらっしゃいます。
    明らかな劣化が発生しているのにもかかわらず
    外壁工事のメンテナンスやリフォームを行わずに放置しておくと、
    紫外線や風雨等の外的刺激にさらされてしまい、
    外壁そのものが劣化してしまい建物に大きな影響を与えてしまいます。
    外壁の劣化というのは想像以上に大きな負担を強いられますので、
    外壁の劣化が見受けられたらすぐに外壁工事のメンテナンスや
    リフォームを行うようにしなければいけません。

  • 相見積もりを取ってとことん値切るのは絶対に行ってはいけない

  • 正確な外壁工事の費用としたく、相見積もりを取る方法があります。
    相見積もりというのは金額の正確さもそうですが、
    工事内容の正確さや良さも比較対象となり、
    決して金額の比較だけではありません。
    しかし、一般のお客様は金額ばかりに目が行ってしまい、
    1番お安い業者が優秀と思い依頼してしまう場合が良くあります。
    更に、1番安かった業者の見積もりから値引きをし、
    とことん安くする事が良いと思われているお客様が居るようです。
    余りにも安くし過ぎてしまうと、安いなりの工事しか行ってもらえなくなってしまいます。
    外壁は外的刺激から守らないといけない部分ですので、
    安いなりの工事で精度が低い工事となってしまっては、
    長持ちせずに理想の外壁工事とはなりません。
    優良な見積もりをした業者は、あらかじめ適切な金額で
    見積もりを作り提出をしております。
    必要な費用から無理やり費用を削ってしまうと、
    工事のグレードを落とさないといけなくなってしまうのは
    致し方ないという状態となってしまいます。

  • 格安業者に依頼してはいけない

  • 様々なサイトの外壁工事の費用を比較していると、
    とてもお安くお得に思える業者が居ます。
    あまりにも格安なので物凄くお得と飛びついてしまう
    お客様がいらっしゃいますが、オススメ出来ません。
    建築費用には相場というものがあり、同じ条件で見積もりを
    行った場合ある程度の誤差が生じても物凄く大きな費用の差は発生しません。
    100万円かかる外壁工事なのに格安業者は50万円しかかからないなど、
    このような費用の差は絶対にありえません。
    目先の金額だけで比較すると50万円の業者の方が良いと
    思われるかもしれませんが、半額で同じ工事を行う事が
    出来る等絶対にありません。
    安い費用には安いなりの内容しかありませんので、
    絶対に飛びつかないようにしましょう。

これらの3つのポイントは、
残念ながらよくあるやってはいけないポイントです。
一見何でも無さそうに思えるかもしれませんが、
このようなポイントを平気で行ってしまうと、
後に大変な事となってしまいます。
外壁というのは想像以上のデリケートな部分ですので、
勘違いをしないように外壁工事を行うようにしましょう。

【コラム】家の顔を一新!玄関前の外壁リフォームのポイント

玄関前の外壁リフォーム

外壁工事のリフォームは費用が大きくかかるので、
大変と思われている方も多いと思います。
そんな方にオススメなのが、外壁の玄関部分のリフォームです。
外壁全体のリフォームが難しくても、
玄関廻りだけでも綺麗にリフォームすると
建物が見違える程素晴らしくなります。
玄関は建物の顔ですので、外壁全体の工事が
難しい場合は玄関だけでも綺麗にするように目を向けてみましょう。

玄関廻りの外壁リフォームは、このようなパターンがあります。

  • グレードの高いサイディングを張る

  • 玄関廻りのみ、グレードの高いサイディングを張るリフォームです。
    外壁全体には採用出来ないけれど、
    玄関廻りだけでしたら高価なサイディングの選択も可能です。
    玄関廻りの既存外壁を解体撤去し、新規サイディングを張ります。
    新規サイディングの厚みが既存外壁より厚くなってしまっても、
    玄関廻りの外壁部分が違うというアクセントと
    なりますので特に問題はありません。

  • タイルを張る

  • 玄関廻りのみ、新規にタイルを張るリフォーム方法です。
    既存外壁の上に、新規タイルを張ります。
    タイルの厚み程度であれば、既存外壁の上に張って
    段差が出来てしまっても全く問題がありません。

  • 大理石などの石を張る

  • 玄関廻りに、大理石などの石を張るリフォーム方法です。
    タイルを張る場合と同様、既存外壁と比べて厚みが
    出っ張ってしまっても全く違う材料を使っていますので全く問題がありません。

このように、玄関廻りのみを高価な外壁で
リフォームする事で、建物としてとても豪華な雰囲気となります。
費用も10万円程で済みますので、どのお宅でも
捻出しやすいリフォーム費用となります。

玄関廻りの外壁のリフォームを行ったのであれば、
もう少し目を向けて欲しい部分があります。
それは、玄関廻りの外壁以外の部分です。
せっかく玄関廻りの外壁が綺麗になったのに、
外壁以外の付随する部分が古く汚いままですと台無しとなってしまいます。
せっかく玄関廻りの外壁が綺麗になったのですから、
付随する部分も綺麗にする事を考えてみると良いでしょう。

玄関廻りの外壁工事と一緒に行って欲しいリフォームは、
これらが挙げられます。

  • 玄関ひさしの軒天の塗装

  • 玄関のひさしの軒天は、見上げてみると意外と汚く劣化しているものです。
    面積が狭いので、塗装工事を行っても大した大きな費用となりませんので、
    是非一緒にリフォームを行うようにしましょう。
    2~3万円程度で、綺麗に塗装する事が可能です。

    ・玄関前の照明器具の取り換え
    玄関前の照明器具は、外壁が綺麗になると
    劣化の度合いが物凄く目立ってしまいます。
    玄関廻りの外壁をリフォームした際に、
    一緒に新しい物に取り替えるようにしてみましょう。
    お安い物で10,000円程度の物もありますので、
    お安い費用での取り換えが可能となります。
    その際、出来ればLEDの照明器具に取り替えると、
    省エネ効果を発揮させる事が出来ます。

  • モニター付きインターフォンへの取り換え

  • 古いお宅の場合、インターフォンは一般的な
    モニター無しの物が大半です。
    防犯上の事を考えて、モニター付きのインターフォンに
    取り替えるように考えてみてはどうでしょうか。
    インターフォン自体も綺麗になりますので、
    外壁の綺麗さと豪華さがより映えます。
    モニター付きインターフォンは、2~5万円程度の
    費用で取り換えが可能となります。

  • 玄関ポーチのタイルの張替え
  •  
    玄関廻りの外壁が生まれ変わったのですから、
    玄関ポーチのタイルも綺麗にすると非常に映えます。
    新しいタイルは滑りにくく汚れにくい加工をしておりますので、
    今お使いの床タイルより数倍使いやすい床とする事が出来ます。
    新しい玄関廻りの外壁の雰囲気に合わせたタイルを採用すると、
    今までの玄関廻りの雰囲気をガラっと変えて全く違う雰囲気とする事が出来ます。
    選ぶタイルや㎡数にもよりますが、5~10万円程度で張り替えが可能となります。

  • 玄関ドアの取り換え

  • 玄関廻りが綺麗になったら、古い玄関ドアが目立ってしまい
    雰囲気が台無しになってしまいます。
    最近はリフォームドアという簡単にリフォーム出来る
    カバー工法の玄関ドアがあり、ドアを取り除いて既存の枠に
    新規の枠をかぶせて簡単に取り付ける事が可能です。
    昔の玄関ドアのように壁や床を斫って解体撤去する
    手間が全くないので、大変スムーズに取り換えが可能となります。
    開き戸も引き違い戸もございますので、お好みの玄関ドアに
    スムーズに取り替える事が可能となります。
    カバー工法の玄関ドアの取り換えで、
    20~50万円程の費用で行う事が出来ます。
    安価な片開き戸の玄関ドアでしたら、
    20万円台で取り換えが可能となります。

このように、外壁全体のリフォームが難しい場合は、
玄関廻りのリフォームに目を向けてみましょう。
玄関は建物を象徴する部分ですので、
玄関廻りだけが変わる事で雰囲気がガラっと変わります。
玄関だけ豪華にするだけでも十分に効果がありますので、
是非目を向けてみましょう。





【疑問を解決!】外壁リフォームの費用が足りない場合どうしたらいい?

外壁リフォームの費用

     
  • 外壁リフォームの費用が足りない場合

  • 外壁リフォームを行いたいけれど費用が足りなくて
    行う事が出来ない場合は、リフォームローンで費用を捻出する事が可能となります。
    業者の方で書類を作って手続きしてくれますので、業者に相談をしてみると良いでしょう。

  • 外壁リフォームの際に発生してしまう金銭的なトラブル

  • 外壁リフォームの際、残念ながら金銭的トラブルが発生してしまう事があります。
    どのような金銭的なトラブルが発生してしまうのか、具体的な例をご紹介します。

    ・過剰なリフォームを促されて高額な工事費用となってしまった
    工事に関してはお客様は素人ですので、業者の言いなりに
    なってしまいリフォーム料金が高額になってしまったという事例があります。
    外壁は多少の劣化しかしていないのに、サイディングの
    張り替えや重ね張り等、わざわざそこまでやらなくても
    いい工事まで促され契約させられてしまうというケースです。
    結果的には外壁は綺麗な状態へと導かれますが、
    希望をしていないのにそこまでされてしまうのは、良い事ではありません。

    ・見積書の高額値引き
    当初の見積書から高額値引きをする業者は、残念ながら良い業者とはいえません。
    でもお客様は、値引きの金額が高いとお物凄くお得になったと錯覚してしまいます。
    建築の見積書は、細かい計算が蓄積されて作られているので、
    値引きが出来るとしてもほんの少しです。
    正直な内容で作られている見積書であれば、高額な値引きなんて有り得ません。
    しかし、業者の中には半額にするなどの高額値引きを提示してくる業者もいます。
    太っ腹な値引きに思えるかもしれませんが、このような
    法外な値引きをしてくる業者は元の見積書に物凄く多額の金額をふっかけて作っております。
    このような見積もりを作る業者はリフォームに対して無知ですので、
    万全ななリフォームの精度とする事は出来ません。
    不出来な完成状態にもちろん満足もできず、
    せっかくの大金を掛けたリフォームも台無しとなってしまいます。
    訪問業者はこのような手を使ってきますので、絶対に契約しないようにしましょう。

外壁のリフォームやメンテナンスにかかる費用の相場や
ポイントなど、詳しくご紹介致しました。
あらかじめ費用を把握しておく事で、リフォームの
計画も立てやすいですし具体的なイメージが沸きやすくなります。
適正なリフォームやメンテナンス方法により、
予算と合わせてじっくり検討するようにしましょう。



【疑問を解決!】相場費用を明らかに違い過ぎた場合はどうしたらよいのか?

相場費用

  • 相場費用を明らかに違い過ぎた場合

  • 相場費用と見積書の内容があまりにも違い過ぎた場合は、
    どうしたらいいのかわからなくなってしまう事もあると思います。
    そんな場合は、このような対処法を取ってみると良いでしょう。

    ・相見積もりを取る
    1社から見積書をもらって内容に納得が出来ない場合は、
    他の業者から相見積もりを取るようにしてみましょう。
    見積書の内容や金額を比較し何が違うのかを確認する事で、
    良質な業者を選択する事が出来ます。
    相見積もりを取る場合は、多くても3社までとしましょう。
    余りのも多くの業者から相見積もりを取ってしまうと、
    どの業者のどの部分が良いのか等見極めが難しくなってしまう事があります。
    多くても3社までとし、比較をしてみましょう。

    ・相場と掛け離れている費用に対し質問をする
    相場とあまりにもかけ離れている費用を目にした場合は、
    その費用に対し質問をしてみましょう。
    相場の単価と明らかにかけ離れているのですから、賢明な回答が得られるはずです。

  • 見積書の金額以外に費用がかかるとあらかじめ想定しておく

  • 業者を決定し工事を行ってもらう際、リフォームですので
    追加工事が発生するかもしれないという事をとらえておくようにしましょう。
    外壁リフォームの場合古い建物に対して工事を行うので、
    リフォームを行っていくにつれ追加施工が必要となってしまう事があります。
    特に、既存の外壁を剥がして新しい外壁工事を行う際は、
    既存の外壁を剥がし田中に不具合が発生している事があり、
    その部分の補修工事が必要となってしまう事があります。
    必要な補修をしなければいけないのに、追加で支払う費用が
    無い場合は、致命的な補修であっても補修が出来なくなってしまいます。
    相場では、かかる費用の20%程追加工事分としても
    費用を用意しておく事が理想となります。