【疑問を解決!】外壁の定期的なメンテナンスが必要な理由

外壁の定期的なメンテナンス

外観は住まいの顔と言われている部分ですので、
綺麗に見せる事はとても大事な事となります。
建物の外観は、雨や紫外線、温度の変化等の
外的刺激にさらされている場所であり、
劣化が進んでしまいやすい部分です。
その為経年劣化を起こしてしまい、
痛みを発生させてしまいます。
痛みが進んでしまうと建物に大きなトラブルが
発生してしまい、雨漏りなどの不具合を起こしてしまいます。
定期的に適切なメンテナンスをすれば、
外部の劣化を防ぎ長きに渡って使い続ける事が出来ます。
建物を長持ちさせる為には、
定期的なメンテナスを施すようにします。

  • 外壁塗装は定期的なメンテナンスが必要

  • 外壁のメンテナンスといえば塗装工事ですが、
    外壁塗装は定期的に必要なメンテナンスとなります。
    少々色が変わっても部分的に剥がれてしまっても
    気にならないなんていう方がいらっしゃいますが、
    それでは建物に致命的な影響を与えてしまい、
    長持ちしない外壁としてしまいます。

    外壁の素材は、外壁塗膜により守られております。
    外壁塗膜は経年劣化により衰えてしまい、
    色あせが発生したり剥がれやヒビ割れを起こしてしまいます。
    塗膜に問題が生じてしまうと外壁の素材自体に影響が及んでしまい、
    外壁自体の取り換えも必要となってしまい
    大きなメンテナンス費用となってしまいます。
    また、もっと放置しておくと建物の
    構造体部分まで劣化が及んでしまい、
    建物自体の致命的な劣化となってしまいます。
    そのような致命的な劣化を外壁塗膜でまかなう事が出来るのですから、
    絶対の行わないといけないメンテナンスとなります。

  • 外壁塗装のメンテナンスの目安

  • 外壁塗装のメンテナンスの目安のタイミングは、
    10年ごとと言われております。
    しかし、環境や塗膜の状態によってはそれよりも以前に
    劣化が発生してしまう事もありますので、
    5年ごとの点検が必要となります。
    10年経っていない間でも、このような状態が見受けられたら
    外壁塗のメンテナンスのタイミングとなります。

    ・チョーキング
    外壁塗膜表面にチョークのような粉が発生している状態であり、
    手で触れると白くなりますので素人目にもすぐにわかる状態です。
    チョーキングは塗膜自体の劣化の始まりを表しておりますので、
    放置しておく事で塗膜全体がダメになってしまいます。

    ・コーキングの不具合
    ジョイント部分のコーキングが痩せたりヒビが割れたりする事で、
    コーキングが破断状態となり建物の中に雨水が
    浸食しやすい状態となってしまいます。
    この場合、既存コーキングを綺麗に取り除き、
    新規コーキングを充填しその上から塗装を行います。

    ・ヘアクラック
    髪の毛のような細く微細なヒビが塗膜自体に入った状態であり、
    塗膜が劣化している証拠となります。

    ・クラック
    ヘアクラックよりもはっきりとしたクラックであり、
    塗膜だけではなく外壁素材にまでクラックが達している証拠となります。
    この場合、放置しておくと外壁素材のクラックが
    建物に影響を与えてしまう場合があります。
    クラックをUカットし、コーキングを充填した後に塗装補修となります。

    ・サビ
    金属系のサイディングの場合、サビが発生してしまう事があります。
    アルミサイディングの場合素材を考えるとサビ何か発生しないと
    思われる方もいらっしゃると思いますが、外壁に使うアルミニウムは
    純度100%ではありませんので、微量にサビを発生させてしまいます。
    放置しておくと外壁全体にサビの影響を与えてしまいますので、
    軽度のサビの状態でメンテナンスを行う事をオススメします。