【疑問を解決!】外壁のリフォームにかかる主要工事以外の費用

外壁のリフォーム費用

  • 外壁のリフォームやメンテナンスにかかる主要工事以外の費用

  • 外壁のリフォームやメンテナンスには、塗装やサイディングの費用以外にかかる費用があります。
    それは、これらの費用です。

    ・外部足場 ㎡当たり600円~1,500円程度
    ・足場養生シート(外壁塗装の場合必要) ㎡当たり200~300円程度
    ・外壁高圧洗浄(外壁塗装の場合に必要) ㎡当たり200~500円程度
    ・外壁ケレン作業(外壁が金属系の場合に必要) ㎡当たり300~2,500円程度
    ・外壁養生(塗装工事の場合に必要) 
     ㎡当たり150~400円程度 1件当たり20,000~30,000円程度
    ・既存外壁解体撤去費用 100,000円程度
    ・既存外壁解体材処分費用 30,000~50,000円程度
    ・運搬費など諸経費 一式 10,000~50,000円程度

  • 外壁リフォームの際に目を向けて欲しい付随する部分の塗装

  • 外壁リフォームの際に目を向けて欲しいポイントといえば、
    外壁に付帯している部分の工事です。
    外壁がリフォームにより綺麗になっても、
    付帯している部分が汚いままですとせっかくのリフォームが台無しとなってしまいます。
    付帯部分にも目を向け、塗装工事で綺麗な状態へと導きましょう。
    外壁に付帯している部分の塗装工事の費用の目安は、このような費用相場となります。

    ・軒天 ㎡当たり150~1,500円程
    ・雨樋 m当たり800~1,500円程度
    ・雨戸 1枚当たり2,000~4,000円程度
    ・水切り m当たり800~1,000円程度

    付帯部分の塗装工事はそれほどの費用となりませんので、
    外壁のリフォームの際は必ず一緒に行って外壁全体を綺麗に見せられるようにしましょう。

【疑問を解決!】外壁のリフォームにかかる費用の目安

外壁のリフォーム費用

外壁のリフォームやメンテナンスを行う場合、
気になるのは費用ではないでしょうか。
外壁の工事は多くの費用がかかってしまいますので、
予想通りの費用で納める事が出来るのか不安になる方もいらっしゃると思います。
一般的にどれ位の外壁リフォームやメンテナンスの
費用がかかったのか、費用相場や内容等のポイントをご紹介致します。

  • 外壁リフォームやメンテナンスの費用の相場は80~120万円

  • 外壁リフォームやメンテナンスにかかった費用の
    大半の相場は、80~120万円程です。
    金額から考えると、塗り替えや張り替えの大掛かりな
    メンテナンスやリフォームを行っている事がわかります。
    30万以下の軽微なリフォームやメンテナンスを行ったお宅は、
    全体の数%程しか居ません。
    やはり、1つのタイミングとして大掛かりな
    リフォームとし外壁を一掃しているお宅が多いようです。

  • 外壁のメンテナンスやリフォームの内容

  • 外壁のメンテナンスやリフォームの内容は、主にこれらの内容が多く行われております。

    ・外壁サイディング張り 100~250万円程
    既存外壁を剥がして新規サイディングを張ったり、
    既存外壁の上から新規サイディングを張るリフォームです。
    サイディングは採用する種類によって単価に差が発生し、
    窯業系サイディングで㎡当たり3,000円~、金属系サイディングで
    ㎡当たり4,000円~となります。
    また、既存外壁を剥がすか否かによっても費用に大きな差が発生し、
    既存外壁を剥がした張り替えの場合は200万円以上の費用がかかります。
    既存の外壁を剥がすか否かの判断は、建物の構造部がしっかりしているかです。
    既存の外壁を剥がさず新しいサイディングを張り増するので、
    2倍の外壁の重さが建物にかかってしまいます。
    その重さに耐える事が出来ない場合は、外壁の重ね張りはオススメ出来ません。

    ・外壁の塗り替え 足場込みで80~150万円程
    既存外壁全体に、新規塗装工事を行うリフォームです。
    既存外壁がしっかりしている場合は、塗装の塗り替えでメンテナンスとする事が出来ます。
    色あせや外壁塗膜の劣化が生じていない場合は、塗装のメンテナンスが適しております。
    選ぶ塗料のランクにより費用に差が発生しますが、普及品のシリコン系樹脂塗料を
    採用した場合80~100万円程度の費用となります。
    フッ素系樹脂塗料や光触媒塗料などの機能性塗料は1回の施工費用はお高くなりますが、
    耐久年数が長いので長期的に考えると最塗装の期間が短縮されますので、
    コストを抑える事に繋げる事が出来ます。
    定期的に塗り替えて外壁の色の変化を楽しみたい方は、アクリル系塗料などの
    安価で耐久年数が短い塗装の採用とするとコストを掛けずに
    塗装工事とする事も可能となります。

    ・コーキングの打ち直し 足場込みで30万円程
    既存コーキングを撤去し、新規コーキングを充填する工事です。
    外壁塗装工事や外壁サイディング工事と、一緒に行う場合が多くあります。
    傷んだコーキングのみであれば2~5万円程度でのメンテナンスで済みますが、
    コーキングは1か所傷むと全てが芋ずる式で傷んでしまいますので、
    全て打ち直す事をオススメします。

    ・傷んだ塗膜の補修
    クラックや剥がれ等、傷んでしまった塗膜を部分的に補修するメンテナンスです。

【疑問を解決!】モルタル外壁とサイディングも塗り替えが必要?

モルタル外壁とサイディング

  • モルタル外壁は塗料の選択がカギとなる

  • モルタル外壁のトラブルの多くは、ひび割れが発生してしまう事です。
    ひび割れが発生してしまうのは職人さんの腕の問題ではなく、
    モルタルの性能による発生せざるを得ない不具合です。
    モルタルは乾燥の際に熱を発生しながら徐々に乾燥していく性質上、
    どうしても熱の逃げ方が上手くいかなくヒビとして発生してしまいます。
    モルタル外壁はヒビが発生するものをとらえるようにし、
    ヒビが発生してしても対応できる外壁塗膜にする事が大事となります。
    モルタル外壁のヒビが発生する事を念頭に考え、
    ヒビに追従してくれる塗料を選ぶようにしましょう。
    ヒビに追従する事が出来る塗料は、弾性塗料という塗料です。
    弾性塗料とはゴムのように伸びる性質があり、
    塗膜の厚みは通常の塗膜の10倍程と厚みがあります。
    塗膜がゴムのように伸びて追従性を発揮するので、
    モルタル自体にヒビが入っても外側の塗膜が伸びて
    ヒビを起こさないので、外からの見た目はヒビが
    無い状態とする事が出来ます。
    弾性塗料は20℃で120%もの伸縮率を発生するので、
    どのようなヒビやクラックにも対応が可能です。

  • サイディングも塗り替えが必要

  • サイディングは塗装工事は必要ないと思われている方も多いようですが、
    サイディングにも塗装のメンテナンスは必要となります。
    サイディングも表面は塗料で仕上げられておりますので、
    塗膜の劣化は発生します。
    塗装版のサイディングは工場で焼き付け加工をしておりますので、
    幾分か塗膜の劣化は遅い傾向があります。
    サイディングの場合、お安いサイディングは塗膜の劣化が
    早い傾向がありますので、モルタルと同様チェックするようにしましょう。
    お高いサイディングは塗膜が頑丈ではありますが、
    遅いタイミングではありますが塗膜の劣化はします。
    サイディングの塗膜は見た目の変化が大きなカギとなりますので、
    色合いが褪せてきたなどの色の変化が見受けられた
    タイミングが外壁塗装のタイミングとなります。

  • DIYで補修が可能な外壁補修もある

  • 軽度の補修であれば、DIYでの補修も可能なります。
    軽度なクラックであれば、ホームセンターよりコーキングを
    購入し修繕が可能となります。
    薄っすらヒビが見えてきたなと思ったら、
    ご自分で補修をしてみるのも良いでしょう。
    早期の補修は建物にダメージを与えなく済みますので、オススメです。
    広範囲の補修や軽度ではない補修の場合は、
    DIYでは到底無理ですので専門の業者に補修を依頼するようにしましょう。

このように、外壁塗膜やクラックに目を向けて補修を行えば、
外壁や建物に致命的な影響を与えずに済みます。
外壁のメンテナンスは行いたがらないお宅もあるようですが、
細かく行う事で建物を長期にわたり使い続ける事が出来ます。
建物とご自分の為のメンテナンスですので、
しっかりと目を向けてメンテナンスを行うようにしましょう。

【疑問を解決!】外壁の定期的なメンテナンスが必要な理由

外壁の定期的なメンテナンス

外観は住まいの顔と言われている部分ですので、
綺麗に見せる事はとても大事な事となります。
建物の外観は、雨や紫外線、温度の変化等の
外的刺激にさらされている場所であり、
劣化が進んでしまいやすい部分です。
その為経年劣化を起こしてしまい、
痛みを発生させてしまいます。
痛みが進んでしまうと建物に大きなトラブルが
発生してしまい、雨漏りなどの不具合を起こしてしまいます。
定期的に適切なメンテナンスをすれば、
外部の劣化を防ぎ長きに渡って使い続ける事が出来ます。
建物を長持ちさせる為には、
定期的なメンテナスを施すようにします。

  • 外壁塗装は定期的なメンテナンスが必要

  • 外壁のメンテナンスといえば塗装工事ですが、
    外壁塗装は定期的に必要なメンテナンスとなります。
    少々色が変わっても部分的に剥がれてしまっても
    気にならないなんていう方がいらっしゃいますが、
    それでは建物に致命的な影響を与えてしまい、
    長持ちしない外壁としてしまいます。

    外壁の素材は、外壁塗膜により守られております。
    外壁塗膜は経年劣化により衰えてしまい、
    色あせが発生したり剥がれやヒビ割れを起こしてしまいます。
    塗膜に問題が生じてしまうと外壁の素材自体に影響が及んでしまい、
    外壁自体の取り換えも必要となってしまい
    大きなメンテナンス費用となってしまいます。
    また、もっと放置しておくと建物の
    構造体部分まで劣化が及んでしまい、
    建物自体の致命的な劣化となってしまいます。
    そのような致命的な劣化を外壁塗膜でまかなう事が出来るのですから、
    絶対の行わないといけないメンテナンスとなります。

  • 外壁塗装のメンテナンスの目安

  • 外壁塗装のメンテナンスの目安のタイミングは、
    10年ごとと言われております。
    しかし、環境や塗膜の状態によってはそれよりも以前に
    劣化が発生してしまう事もありますので、
    5年ごとの点検が必要となります。
    10年経っていない間でも、このような状態が見受けられたら
    外壁塗のメンテナンスのタイミングとなります。

    ・チョーキング
    外壁塗膜表面にチョークのような粉が発生している状態であり、
    手で触れると白くなりますので素人目にもすぐにわかる状態です。
    チョーキングは塗膜自体の劣化の始まりを表しておりますので、
    放置しておく事で塗膜全体がダメになってしまいます。

    ・コーキングの不具合
    ジョイント部分のコーキングが痩せたりヒビが割れたりする事で、
    コーキングが破断状態となり建物の中に雨水が
    浸食しやすい状態となってしまいます。
    この場合、既存コーキングを綺麗に取り除き、
    新規コーキングを充填しその上から塗装を行います。

    ・ヘアクラック
    髪の毛のような細く微細なヒビが塗膜自体に入った状態であり、
    塗膜が劣化している証拠となります。

    ・クラック
    ヘアクラックよりもはっきりとしたクラックであり、
    塗膜だけではなく外壁素材にまでクラックが達している証拠となります。
    この場合、放置しておくと外壁素材のクラックが
    建物に影響を与えてしまう場合があります。
    クラックをUカットし、コーキングを充填した後に塗装補修となります。

    ・サビ
    金属系のサイディングの場合、サビが発生してしまう事があります。
    アルミサイディングの場合素材を考えるとサビ何か発生しないと
    思われる方もいらっしゃると思いますが、外壁に使うアルミニウムは
    純度100%ではありませんので、微量にサビを発生させてしまいます。
    放置しておくと外壁全体にサビの影響を与えてしまいますので、
    軽度のサビの状態でメンテナンスを行う事をオススメします。