【コラム】外壁塗装の工事費用に差が出てしまう理由

外壁塗装の工事費用

外壁塗装工事の場合、業者によって工事費用に
ムラがると思われた事がある方も多いと思います。

その理由は、その業者によってお金の掛け方に差があるからです。
外壁塗装の工事費用に差が出てしまう理由は、これらが挙げられます。

  • 足場の所在の有無

  • 足場はお安い仮設材ではありませんので、
    自社で持っている業者は決して多くありません。

    半分以上の業者が、レンタルするか鳶さんに依頼して
    設置してもらうかの方法となります。

    この場合、自社で持っている場合と外注から借りるか
    設置してもらうかにより、単価に差が発生してしまいます。

    自社で持っている足場が1番お安いですが、
    鳶さんが設置する足場の方が頑丈で適切な足場となりますので、
    外壁塗装を問題なく進める事が出来ます。


  • 塗料メーカーからの仕入れ値の違い

  • 塗料メーカーからの塗料の仕入れは、需要と供給の関係性が高い業者は
    お安い仕入れ値で手に入れる事が出来ますが、
    需要と供給が少ない業者の場合は仕入れ値が高くなってしまいます。

    その為、その業者により同じ材料であっても金額に差が発生してしまいます。


  • 自社の職人さんの訓練に掛けている費用の差

  • 自社の職人さんの技量の訓練等、そのような訓練費用に
    どれだけお金を掛けているのかにもより、手間の単価に差が出てしまいます。

    もちろん訓練にお金を掛けていなければお安くなりますが、
    そのような業者の場合は塗装の技量を期待する事は出来ません。