【コラム】】外壁塗装にシリコン塗料を採用する時は確かなシリコン塗料を選ぼう

シリコン塗料

ここ数年は、様々な機能性塗料や特殊塗料など高級な塗料が増えてきました。

高級塗料の良さばかりがクローズアップされて、
普及品であるシリコン塗料が影になりつつあります。

シリコン塗料は特殊塗料や機能性塗料と比べると
性能が劣っているように思えますが、
シリコン塗料はとても優秀で頼りになる塗料です。

その為、外壁塗装の際に塗料の指定をしなければ、
シリコン塗料で見積もりされる事が多くあるほど、
信頼されている塗料です。
シリコン塗料は業者の中では普及品の塗料であり、
シリコン塗料で見積もってお客様の要望に応えて
機能性塗料にランクアップするなどの考え方で進展を図ります。

以前の外壁塗料といえば、アクリル塗料等の4~5年程度で
急速に塗膜が劣化してしまう塗料がほとんどでした。

それを払しょくしたのが、シリコン塗料です。

メーカーから発表される塗料の耐用年数も、10年を超えるようになりました。
10年を超える耐用年数というのは、当時の塗装業界ではとても凄い事でした。
その後のセラミック塗料誕生も、配合したのはシリコン塗料が初めてだと言われています。

セラミックシリコン塗料は、セラミックの親水性とシリコン塗料の良さを
併せて作った塗料であり、2つの相乗効果により高い効果を発揮するという事で、
とても多く普及している塗料です。

シリコン塗料と1口に言っても、各シリコン塗料によって
内容にバラツキがある事をご存じでしょうか。

シリコン塗料は、含まれているシリコン樹脂によって
シリコンの効果を発揮する事が出来ます。

そのシリコン樹脂の量はシリコン塗料によって様々であり、
多い物から少ない物まであります。

シリコン塗料といっても、中にはシリコン樹脂の配合量が
20%を切っている塗料もあります。

シリコン樹脂の量が20%以下であってもシリコン塗料には間違いありませんが、
シリコンの効果はあまり期待できません。

シリコン塗料の良さを最大限に発揮させる為には、
シリコン樹脂の含有量が高い塗料を選ぶようにしなければいけません。