【疑問を解決!】外壁塗装の際は嫌な臭いはしないのか

外壁塗装の際の臭い

近年、ホルムアルデヒドへの問題などの関係上、
外部に使う塗料にも水性塗料が多くなってきました。

水性塗料は水性の希釈材で希釈をした塗料ですので、
油性塗料のようにシンナーなどの有害な物質は
含まれていないので安心です。

昔の塗装のような独得の嫌な臭いは一切しませんので、
外壁塗装も安心して行う事が出来ます。

水性塗料でも臭いはしますが、それは塗料自体の臭いで
シンナーのような有害な物質の臭いではありませんので安心です。

外壁塗装工事中は、外壁塗装が窓に付着させない為に
マスカーなどで養生を行います。

その為、外壁塗装工事中は窓を開ける事が
出来なくなってしまいます。

1か所等どうしても窓を開けたい場合は、
その旨業者にお願いをして開けられるようにしてもらいます。

★ご近所にご迷惑を掛けない為にはどうしたらよいのか

外壁塗装工事の場合は、その工事の特性から
ご近所へ迷惑をかけてしまうのではと
不安に思われる方も少なくありません。

ご近所の皆さんにご迷惑を掛けない為には、
水性の臭いのキツくない塗料を選択し、
外壁塗装工事を始める前にあいさつ回りを行う事です。

あいさつ回りを行うだけで、少しの臭いや騒音があっても
ご近所の皆さんはお互いさまの事だと目をつぶってくれるものです。