【コラム】必要以上に外壁塗装費用を値切っては失敗してしまう

外壁塗装費用を値切

せっかく優良な業者を適切に選定しても、
外壁塗装工事が失敗に終わってしまう事がある事をご存じでしょうか。

失敗点の中によくある事と言えば、
必要以上に費用を値切ってしまう事です。

大きな金額の場合、人は値切る事が当たり前の傾向があります。

しかし、必要以上に費用を値切ってしまう事が
致命傷にも繋がってしまう事もあります。

外壁塗装工事のような大きな費用が掛かる工事を行う場合、
お客様の考え方は2通りに分かれます。

1つは「お金をかけてきちんとした外壁塗膜を作ろう」と思う考え、
もう1つは「出来るだけ安くする事にこだわり、
工事金額にしか目に行かない」パターンがございます。

明らかに失敗してしまうのが、
後者の出来るだけ安くする事にこだわるパターンです。

優良業者の場合、建物の性質や材質等により適切な塗料や工法を考え、
見積もりとしてお客様に提示します。

その料金のパターンというのは決まっていますので、
多少の値引きは可能であっても必要以上に値引きをしてしまう事は難しい事です。

必要以上に頑張ってどうにか値引こうとすると、
必要な工程を削られてしまう事があるので、注意が必要です。

特にA社はこの料金でお安いのになぜB社はこんなに高いのですか?等の
比較を提言してしまうと、A社の料金に近づける代わりに
無理が生じる工事となってしまう事があります。

適切な相場で見積もりを提示しているのに
無理に安くしないといけないとなると、
安いなりの工事を考えられてしまう事があり要注意です。
>> 外壁塗装 相場

このような事にならないように、消費者の側も相場を知っておく事が重要ですね。