【疑問を解決!】なぜ外壁の塗り替えが必要なのか

外壁の塗り替え

外壁の塗膜は、紫外線等の外的刺激により侵されてしまいます。

塗膜が劣化してしまうと防水性が低下してしまい、
外壁の素材自体が痛みだしてしまい
雨漏り等を起こしてしまう致命的な状態となってしまいます。

そのような厄介な状態にならないように、
塗膜維持の為に外壁塗装の塗り替えが必要となります。

目安としては、10年位が外壁塗り替えの目安となります。

使われている旧塗膜の塗料の種類によっても、
耐久年数は違います。

  • アクリル塗装 耐久年数4~6年ほど
  • ウレタン塗装 耐久年数6~10年ほど
  • シリコン塗装 耐久年数10~15年ほど
  • フッ素塗装  耐久年数15~20年ほど

これらを目安に、外壁塗装の塗り替えの
メンテナンスタイミングを検討するようにしましょう。